正しい洗顔方法「丁寧な洗顔と思いやり」

普段何気なく洗顔されていませんか?たとえば、入浴中に洗顔をする時は、いたわりの気持ちを持って洗顔したら良いのではないかと思います。身体は服をきますが、顔はお化粧をするだけ。せめてマスクをつけるだけ。だから顔の肌が一番頑張っています。

 

洗顔をする時は、今日もお疲れさま、明日も頑張ろうね、という気持ちを込めて丁寧に洗います。

 

まず、洗顔クリームを手にとってお湯を足しながら泡を作ります。その泡は細かく繊細に作ります。そしてその泡を顔にふわりとつけるだけ。

 

強く洗わずに泡に汚れをとってもらう感じです。そのあとはゆっくりお湯で泡を落とします。

疲れていても洗顔を忘れずに

ただ、朝早く忙しかったり夜ひどく疲れはてているときは、とりあえず汚れを落とします。

 

出来ればいつもいつも丁寧な洗顔が出来ればいいのですが、朝はなかなか難しい。だからとりあえず昨夜の汚れを取ります。夜はたいていお湯につかるので、丁寧に洗顔できます。

 

入浴後はドライヤーをかける前にスキンローション、ミルクローションを染み込ませ、乾燥が気になる時はクリームをつけます。入浴後すぐに保湿するのがポイント。

 

けれども、朝は洗顔のあとスキンローションとミルクローションはつけても、ファンデーションの下地をつけるためクリームはつけず、ミルクローションも軽くつけます。

 

今日も1日頑張って貰えるように、いい顔で笑ってくれるように、「今日も1日頑張ろうね?」という気持ちを込めてメイクの下地を作ります。

 

顔は自分の看板だと思うから、いつも恥じない気持ちで暮らすために丁寧な洗顔と思いやりは欠かせません。

正しい洗顔方法の3つのポイント

正しい洗顔方法のポイントを、3つあげると、

1つ目のポイント

まず1つ目のポイントは、お湯で顔を数秒ほどぬらし、顔全体を温め毛穴をひらかせる手順が重要です。

 

顔を温める事によって毛穴を広げる方法で、この後の洗顔で毛穴に隠れているよごれや、つまっているものを奥まで綺麗に落とせるようになります。

 

この汚れやつまっているものを落とさないと、どんなに洗顔をしてもあまり効果はでないと思います。

2つ目のポイント

2つ目のポイントは、洗顔の泡を指二本で空気を含めるようによく泡立て、優しく顔全体をくるくるとマッサージするように洗いましょう。

 

そのようにしてみると、よりきめ細い泡が顔全体になじんでよごれがとれていきます。

 

きめ細かい泡は、最初にひろげた毛穴の奥まで汚れを取り、ニキビや黒ずみの原因となるつまっているものを取り除いてくれます!

 

そして、顔を泡でゴシゴシと洗うのではなく優しくマッサージするように洗うことで、肌が傷ついたりすることなく、顔の血流も良くなり肌の色もよくなります!

3つ目のポイント

3つ目のポイントは、洗顔をした後にお湯で洗い流した後、冷水で顔全体をもう一度洗うことです。

 

そうすれば、開いた毛穴がキュッと引き締まり、綺麗にした毛穴がそのまま閉じます。

 

そして、温めた後に冷やすということは、顔の血流も良くするためより肌の健康促進につながります。

 

冷水で顔全体を洗った後はとても顔がすっきりしますし、血流がよくなるため顔全体が温かくなったように感じ、次の日の化粧ノリも違うように感じますよ♪

ビーグレンが色素沈着に良いって知ってますか?
  • 色素沈着って何でなるの?
  • 色素沈着に効く理由って?
  • ビーグレンの口コミはどう?
ビーグレンの秘密を徹底的に調査してみました!