乾燥肌・敏感肌と上手く付きあう

私は生まれつき肌がとても弱いです。ニキビもそうですが、化粧水が肌に合わないとしみる事がありなるべく刺激が少ない物を選んで使っています。

 

優しく洗うようにする

 

私が色々試した結果、洗顔は泡立て器でよく泡立てこすらず優しく洗うようにすると洗顔後顔が引きつりにくい気がします。あと剃刀を使うと赤い湿疹と強く痒みが出てしまうので電動シェーバーを使うようにすると痒くならずにすみます。

 

20歳代は色々肌トラブルがありましたが30歳をすぎ少しずつですがトラブルが減ってきたように感じます。冬の乾燥する時期には適度にプロペトや保湿クリームを薄く塗り乾燥に気をつけるようにするくらいで特別な化粧品は使わずに過ごしています。

 

後、あせもができやすいので服装はなるべく綿が多いものを選び汗をかいたらこまめに着替えています。

食洗機もオススメ

手湿疹が一時期ひどくて夜眠れない程痒くなった時がありました。なので洗い物をなるべく避けたくて購入したのが食洗機です。これは手荒れには最高に良かったです。我が家の必須アイテムでもう手放せません!

 

なかなか肌が弱い体質を変え、完治させることは難しいことだと思うし、人それぞれ症状も違うので乾燥してきたなと感じたら早めに保湿をしたり納豆やヨーグルトなどの発酵食品を適度に取り入れたり。

まとめ

ひどくならない為に日頃から少しずつ気をつけ気負いしすぎず上手に付き合っていくといいのかなと思います。

 

そうしたらきっと遅かれ早かれ結果はついてくるはずです。

ビーグレンが色素沈着に良いって知ってますか?
  • 色素沈着って何でなるの?
  • 色素沈着に効く理由って?
  • ビーグレンの口コミはどう?
ビーグレンの秘密を徹底的に調査してみました!