化粧品配合「アスコルビン酸」の美容効果

化粧品配合アスコルビン酸とは、いわゆるビタミンCの事です。

 

ビタミンCはレモンやライムなどの柑橘類に多く含まれる物質ですが、水に溶けやすい物質で熱にも弱く壊れやすいため、調理等の処理で失われやすいビタミンとして知られています。

 

そのため、食事以外にスキンケアとして肌から直接浸透させることが大変重要に。

 

ビーグレンCセラムに含まれているこの成分の具体的な効果としては、以下の2つが大きくあげられます。

 

コラーゲン合成

ビタミンCは体内の様々な反応に関わっていますが、コラーゲンの合成もそのひとつ。

 

コラーゲンは皮膚の主要な成分ですが、ひとつひとつがとても大きな分子のため、肌から直接浸透し皮膚の成分として定着することはまず考えにくいです。

 

ビタミンCを摂取し体の中からコラーゲン合成を促すことが、肌のハリやツヤの維持には効率的と言えるでしょう。

 

抗酸化作用

私たちの体内では、酸素の一部から活性酸素という物質が生成されています。この物質は、免疫などにも関わり体にとって有用なこともあるのですが、一方で細胞を傷つけてしまう可能性もある厄介な物質です。

 

アスコルビン酸はこの活性酸素を無害化し、除去する作用(抗酸化作用)があるため、肌の細胞がボロボロになるのを防いでくれます。

 

先ほど言ったコラーゲンも、活性酸素により傷つきやすい物質で、アスコルビン酸の抗酸化作用は、肌のコラーゲンを維持するために二重の働きをしてくれているのです。

 

先にも述べたように、ビタミンCは非常に壊れやすい物質で安定性が高く、浸透しやすいビタミンCを含んだスキンケア用品を用いて、賢く肌からビタミンCを摂取する事が、お肌のアンチエイジングのためには重要となるでしょう。

ビーグレンが色素沈着に良いって知ってますか?
  • 色素沈着って何でなるの?
  • 色素沈着に効く理由って?
  • ビーグレンの口コミはどう?
ビーグレンの秘密を徹底的に調査してみました!