大人と思春期のニキビの違いは?

中学、高校でニキビに悩まされて、大人になっても未だに悩まされていませんか?そういう人に質問ですが、思春期の時と同じ対処法でニキビを治そうとしていませんか?

 

実は思春期ニキビと大人ニキビでは、ニできる原因が大きく異なります。まず、思春期ニキビの原因として過剰な皮脂が関係しています。

 

思春期には皮脂が活発に分泌され、さらに毛穴は小さいため、皮脂を好むアクネ菌が増殖して、それがニキビの原因になります。

 

そのため思春期はおでこや鼻など皮脂量が多いところに出来易いです。

 

思春期ニキビを治すには、きちんとした洗顔を行い、余分な皮脂を取り除いて肌を清潔にする事が大切です。

大人ニキビの原因

次に大人ニキビの原因ですが、大人は思春期とは違い、様々な原因が存在します。

 

まず大きな原因として、古くなった角質がうまくはがれずに毛穴につまってしまうことが挙げられます。

 

なぜ角質がうまくはがれないかというと、不規則な食生活、睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレス、スキンケア、化粧品、ホルモンなど様々な原因が複雑に絡み合って、それがお肌に影響をもたらすからです。

 

また、大人ニキビは思春期ニキビとは違い、あごや頬などのフェイスラインに出来ることが多いです。

 

その為、治すには規則正しい生活を送っていくことが大切になります。以上が2つの違いになります。

 

如何でしたか?それぞれの原因を知って、正しい対処法を行い、ニキビのないきれいな肌を目指しましょう。

ビーグレンが色素沈着に良いって知ってますか?
  • 色素沈着って何でなるの?
  • 色素沈着に効く理由って?
  • ビーグレンの口コミはどう?
ビーグレンの秘密を徹底的に調査してみました!