色素沈着はターンオーバーで治る

紫外線・肌荒れなどによる色素沈着でお悩みになられたことはございませんか?

 

シミが1つ増えるだけで落ち込んでしまったり見た目年齢も上がってしまいますよね。私も年齢を重ねるごとに気になっています。

紫外線の影響によってメラノサイトが刺激されると、メラニン色素が過剰に生成されてしまいます。場所にもよりますが肌のターンオーバーは約6週間

 

肌の細胞が約6週間かけて肌の表面に押し上げられ、最後はふけやアカとなり、自然に剥がれてくれます。

 

メラニン色素もターンオーバーが順調だと、肌の細胞と共に自然に排出され、紫外線の影響だけでなく、肌荒れした跡も色素沈着が残りやすくなります。

 

肌荒れ部位の炎症がメラノサイトを刺激してしまうので、メラニンが過剰に生成されてしまいます。この場合も、ターンオーバーで排出されます。

 

ですが、肌の栄養不足などにより細胞が未熟だったり、乾燥や紫外線などの影響が強いと、ターンオーバーのリズムが乱れて上手にメラニンが排出できなくなります。

メラニン色素が長く留まると色素沈着に

肌表面にメラニン色素が長く留まると色素沈着してしまいます。

 

色素沈着しないためには肌のターンオーバーを順調に整える必要があります。

 

  • 肌に栄養や酸素を十分に届けられるように血行をよくする。
  • 肌のバリア機能を高めるためにしっかり保湿をする。
  • 睡眠を十分にとること、ストレスをためない。
  • 日焼け止めや美白化粧品などでしっかりお手入れする。
  • ふきとり化粧水などで不要な角層細胞を取り除く。

など、たくさんあります。

 

まだまだあると思いますが、色素沈着してしまうまでに順調なターンオーバーでしっかり排出できるお肌作りを心がけたいですね。

ビーグレンが色素沈着に良いって知ってますか?
  • 色素沈着って何でなるの?
  • 色素沈着に効く理由って?
  • ビーグレンの口コミはどう?
ビーグレンの秘密を徹底的に調査してみました!